NS お気に入りの 無限リード35EM 2枚刃 満点の MX23512

NS 無限リード35EM 2枚刃 MX23512

swimagency.com,6930円,/enucleation584613.html,NS 無限リード35EM 2枚刃 MX23512,工具・電動工具・切削工具・計測用品 , エンドミル・フライス加工工具 , 超硬スクエアエンドミル 6930円 NS 無限リード35EM 2枚刃 MX23512 工具・電動工具・切削工具・計測用品 エンドミル・フライス加工工具 超硬スクエアエンドミル NS 無限リード35EM 2枚刃 満点の MX23512 NS 無限リード35EM 2枚刃 満点の MX23512 swimagency.com,6930円,/enucleation584613.html,NS 無限リード35EM 2枚刃 MX23512,工具・電動工具・切削工具・計測用品 , エンドミル・フライス加工工具 , 超硬スクエアエンドミル 6930円 NS 無限リード35EM 2枚刃 MX23512 工具・電動工具・切削工具・計測用品 エンドミル・フライス加工工具 超硬スクエアエンドミル

6930円

NS 無限リード35EM 2枚刃 MX23512

商品の特徴

耐摩耗性と潤滑性を有した、独自の無限コーティングを採用しました。

商品仕様
発注コード
426−9870
用途
被削材:炭素鋼、合金鋼、ステンレス鋼、調質鋼、焼き入れ鋼(−55HRC)、銅。金型及び部品の切削加工。
刃径
12(mm)
刃長
36(mm)
全長
80(mm)
シャンク径
12(mm)
ねじれ角
35(°)
その他仕様
無限コーティング
その他仕様
ネジレ角35°
その他仕様
ISO14001認証取得工場製
材質
超微粒子超硬合金
質量
0g
製造国
日本
単位
1本
メーカー情報
メーカー名
NS
メーカー品番
MX23512 
カタログ掲載ページ

-/-

NS 無限リード35EM 2枚刃 MX23512

憧れた昭和の仮面ライダーとウルトラシリーズを中心に大真面目に・・・

昭和の仮面ライダーとウルトラHEROが大好き。 甲斐バンドも甲斐よしひろも好きだったんだ。

ゴルゴム怪人第32号~キノコ怪人


「キノコ怪人」

ショッカー改造人間キノコモルグに始まったキノコ型の改造人間や怪人は、人型の肉体にキノコ、それもシメジのようなキノコが生えているものやキノコ一つそのものが怪人のケースが多かったような気がします。
仮面ライダーBlackに登場したキノコ怪人はそうではなく、キノコの傘が幾重にも折り重なり、目や鼻、口がなさそうに見えて、実はその幾重にも重なったキノコの傘の合間にちっこくあったことが実に気味悪く、それがゴルゴム怪人っぽくでよかった造形とデザインだったなと思いました。
改造人間がリードする世界を作り出そうとして組織され、生み出された仮面ライダーは秘密結社と相まり、実は怪奇性たっぷりだったことを思うと、このキノコ怪人のような不気味さは改造人間とか怪人は、こんな具合の怪奇性がなければと思ったものです。
胞子の寄せ集まりがキノコであり、密度が薄い分、毒素でもなんでも取り込んで出来上がっているのではないかと思うと、その胞子そのものがキノコの実体であり。ゴルゴム怪人だけあってキノコ怪人の作戦の目的はこの胞子を利用した人の感染にありました。

そうしたこととは別にキノコ怪人のデザインに目を奪われ、キノコの傘のような肉体の一部を引きちぎってブーメランのように投げつけるなど、奇抜な能力に面白みを感じました。
キノコ怪人の身体も胞子でしたけど、毒素が強かったためにそれを浴びたものは幻覚を見るようになってしまい、仮面ライダーBlackも例外じゃなかったようです。
このキノコ怪人の主は三神官の内のビシュムだったみたいですが、イタズラにそのビシュムが光線技を使ったことがキノコ怪人に浴びせることとなって仇のようになっていました。
キノコは火にも弱いのです。
キノコ怪人が不気味だっただけに三神官は出しゃばること自体が、間違いでしたね。






ウルトラ怪獣第32号:ウルトラマン80~バル


「渡り鳥怪獣 バル」

渡りをする鳥は、大気があってのこと。
宇宙空間は大気はなく、眞空に近い無重力空間だから翼を持った鳥型の怪獣が渡りをするなんてありえないことのように思えます。
いつかどこかでそんなことを書いた気がしますが、言ってみれば星から星へと渡っていくことを渡りというのなら、そこは本能が呼び込まれる理由がなければいけないと思います。
ウルトラマン80に登場した渡り鳥怪獣 バルは、卵が孵化して初めて見た者を親と認識するということですから、そのバルの親が渡り鳥怪獣だったはずですね。
バルについていた翼は、宇宙空間では広げたままで動かさず、どこかの惑星の大気に入った時点で体のバランスをとるものでしょうけど、怪獣だけにその本能が呼び込まれる理が何処にあったのかは分かりません。
そのバルの天敵でもあったスペース・ジョーズ ザキラも、何故バルを常食と捕食していたのか、怪獣だけにと言うことだけではなく、宇宙生物としての謎も多かったのかもしれません。
少なくとも怪獣は怪獣でしたが、成長の速さがとんでもないもので悪意のようなものがなかったことが救いでした。
バルを捕食する度に強度が増していったスペース・ジョーズ ザキラが悪役っぽい怪獣だっただけに、バルが幼体の状態で登場したことが見る目をある意味、癒してくれました。






ジンドクマ改造人間第10号~ラジゴーン


「ラジゴーン」

改造人間は生体改造の上に動植物の能力を植え込むことから始まり、より力と能力を引き出すために体内に様々な能力を有するメカを装填することで発達してきたと思います。
ショッカーにより創出されたショッカー草創期の改造人間には仮面ライダー1号もいて、メカを内蔵する改造人間の代表格のようなものです。
仮面ライダー1号がそれでもショッカー草創期の改造人間に苦戦していたのは、仮面ライダー1号がまだ自分の身体と能力を把握しきれていなかったためで、そのショッカー草創期の改造人間にはほとんどメカが内蔵されておらず、仮面ライダー1号はメカを内蔵した初の改造人間だったのかもしれず、実験的だったのかもしれません。
メカはこうして体内にあって、その能力を引き出すための源であったところに面白みと痛快感があったと思うのです。
メカが身体の外側に露出してもわずかなものであれば許容範囲でしたけど、大幅に露出してしまうと外側から見えてしまうことで面白みが半減してしまいがちですが、仮面ライダーV3の時のデストロン機械合成改造人間はその露出してしまったメカの能力自体が前面に押し出されて立派な武器となっていたところが、うまい具合にその肉体とマッチして見応えがあった稀有な例かもしれません。
誤解しちゃいけないのは、このメカはあくまで武器でありその能力を引き出すための源とであって、子供レベルのおもちゃの世界まで引き下げちゃいけないことです。
ウルトラセブンの時に登場したチブル星人に操られたアンドロイドゼロワンはおもちゃを攻撃用武器として使っていましたが、子供を操り作戦の全面に出すという工夫も凝らされていました。
その仮面ライダー版ではないのでしょうけど、仮面ライダースーパー1のジンドグマ編にラジゴーンというラジコン型の改造人間が出てきました。
頭部のアンテナみたいなところが剣という武器になったり、特殊電波を飛ばしてラジコン型の飛行機を操り、そのラジコン型の飛行機にガスを装填して攻撃作戦を遂行していましたが、あくまでラジコンはおもちゃの一種です。
ラジゴーンはこのラジコンが露出し過ぎて玩具そのものの感が強すぎました。
当初は怪奇特撮番組のように始まった仮面ライダーは、子供向け番組ではなかったところに魅力があったように思います。
それが仮面ライダースーパー1の頃は既に子供向け番組であり、そこに登場する改造人間・怪人等はおもちゃのようでしたから、おもちゃがおもちゃを扱ってしまっては特撮としての魅力がなくなってしまうわけです。

特撮は怪奇だからこそ見応えがあったということですね。

折りたたみOK!防水設計のソーラーLEDランタン「SOLR LANTERN」




ウルトラ怪獣第32号:ウルトラマンレオ~キララ


「月光怪獣キララ」

月は地球の衛星のような星ですけど、実際には死の星と言われるように大気や水はなく、それだからこそ地球に最も近い星でそこに人は夢を見たりします。
月にはウサギが住んでいるという民話も、よくよく考えてみれば太陽光に照らされた月が表面上のクレーターの凸凹によってその陰のようなところが地球から見ればウサギのように見えるというものですが、月は人にとって宇宙という地球外を知る大きなヒントがあったり、月にある石の成分を調べてみると無限の放射性元素が潜んでいてそれは未知のエネルギーかもしれず、民話という寓話においても現実でも夢のようなものを感じる大きな存在が月なのかもしれません。
寓話で夢を見させてもらったのが月ですから、特撮上月には人類が潜みながら住んでいて、地球の人のように争いがあるというのも面白い感じがします。
ウルトラマンAがまだ2人の人間の合体で変身していたころの星夕子は、実は月の人で、月を滅ぼしてしまった超獣ルナチクスを追って地球にやってきた姿でした。
ウルトラマンレオでは月の人々の中でも派閥争いみたいなものがあって、王女を地球に避難させ、争いが終わってから迎えに来たのが外見上怪獣だったキララでした。
実際、キララは本当に怪獣だったのかというと言葉が理解できてテレパシーによる念信で交信しようとしていたところを見るといわゆる人だったのでしょうね。
怒れば頭部から白いガスのようなものを発したのは、外見上怪獣のような姿だったために地球側はきキララを怪獣と思い込んで対処したことへの現れだったのでしょう。
腹部が印象的で、そこからの発光は天変地異を起こしたりするのは地球人にはない上に理解できない超能力のようなものですけど、それこそそういう怒りの行動を見れば怪獣だと誤解されても止む無しだったのかもしれません。
月の王女を迎えに来たという目標を果たすことを貫こうとしたキララにとっては、自分がやってきたことで地球上で起ることが障害になっていたような感じでした。
王女が事実を告げられ、胸のペンダントが壊されたことで月の王女としての自覚が蘇ったことでキララに応じたことで解決していきますが、こうした地球人にはない超能力を見せつけられると、月の人といってもやはり宇宙人なんだなと思わされました。






アイトス フードインベスト(男女兼用)_ターコイズ×チャコール 10309_127_5L


「黄金ジャガー」

卑怯を嫌い、強者との戦いを何よりも楽しみ、そして強敵と自らが認めた相手には敬意を表して正々堂々と一対一の決闘を所望するという誇り高き武人を悪の秘密結社には中々存在しなかった改造人間が、スカイライダーの時に登場した黄金ジャガーでした。

そもそも仮面ライダー1号もショッカーによって創作された改造人間で、脳改造を施されなくてもあれだけ強力でそのセンスには鋭いものがあったがために、それに対抗してそれよりも新型とされた仮面ライダー2号は同時に12体もの仮面ライダーが存在するはずでした。
ショッカー以降ネオショッカーに至るまで、秘密結社の創作する改造人間は脳改造を施され、素体となった人間がどんなに武士道に長けていても組織自体が人の想いと心の裏側を突き、そして暗躍する能力の強力さを求めて改造人間を捜索し支配していましたから、改造人間がどんなに正攻法で武術を極めようと強者との戦いを望んでも、それが実現するには秘密結社が思い切り邪魔になっていたんでしょう。
それ以前に脳改造を施されて秘密結社の支配下にはいってしまった時点で、改造人間が一人で戦うことなど叶わぬ夢のようなものだったかもしれません。
改造人間の素体となった人間には武人肌の人はいたのでしょうし、皆悪人だったということはなかったみたいですけど、それだけ改造人間創出の生体改造手術は実験めいたところ以上に強力だったと言うことだったかもしれません。
ネオショッカーの改造人間は当初から体内の熱反応によって改造人間の体の動きを操作されていたみたいなところがありましたから、それでも卑怯を嫌って認めた相手に一対一の対決の戦いの望み、そうした時以外にも武人肌の行動には感嘆するところが多くありました。
同時に登場したトリカブトロンとは正反対の改造人間が黄金ジャガーだったと、コントラストも素晴らしく、黄金ジャガーの正々堂々とした態度が際立ったものとして描かれていました。

身体能力的にはバランス能力と防御力が素晴らしく、槍の使い手であったことは言うまでもありませんが、白馬にまたがって槍を使って戦う姿も白馬から降りて戦う姿もバランス能力に長けていなければできないことだったと思います。
槍の使いまわし方も強力で棒術の使い手だった仮面ライダーXと同等以上に見事で、手に武器を持たないスカイライダーも危うい場面が多かったと思います。
「槍渡り陽炎の術」という黄金ジャガーの戦いのすべてであった槍攻撃を無効化してしまうという技が出なければ、かなり危うかったと思いますが、ライドルスティックを持った仮面ライダーXとの攻防も見てみたかった気もします。

黄金ジャガーはそうした攻撃法よりも、武人肌の正攻法という秘密結社の改造人間の強者との渡り合いを望んだスタイルが特筆ものだったように思いますね。






ウルトラ怪獣第32号:ウルトラマンタロウ~マシュラ


「きのこ怪獣 マシュラ」

特撮でキノコが利用されたのは、いわゆる毒キノコとその胞子状の身体を使った改造人間や怪人として仮面ライダーシリーズでは割とよく見られました。
キノコを怪獣化するにはその毒素を利用するにしても、肉体的に丈夫ではないこと、そして何より日に弱かったことが怪獣として表現するには弱かったものと思います。
キノコは胞子状の身体ですから、怪獣と言えど独特の思考はほとんど本能を持っていて、それは脳を持っているからでしたけど、なかなか脳を持たせられないことが怪獣化させずらい要因ではなかったかと思います。
改造人間であるにせよ、怪人であるにせよ、その基となる体は人間でしたから改造人間にすることはできたのですけど、怪獣となるとかなりの無理があッタものと思われます。
ウルトラマンタロウに登場したマシュラは、その基がお化けキノコであり、それは古代種であったという話も聞きましたが、キノコは太古の昔から食べられていたという話もあったにせよ、この世に人間が登場する以前から存在してたものでもあります。
土壌の変化によってキノコも種類・性能は変わってきていますが、太古のキノコがお化けキノコだったというのも特撮の世界ではありそうに思えますが、隕石等に付随していた胞子状の細菌が孵化してしまったと考える方が良いように思われます。
マシュラは、そのお化けキノコがウルトラマンタロウのタロウファイヤーで焼かれたはずでしたけど、幾多の胞子だけあって焼かれ残ったものが人間の体内に入り込んで知能と水分を得て怪獣化してしまったものらしいですね。
口から水を吐き、それは毒水であってキノコ人間を作ってしまうなど奇抜な設定でしたけど、それに加えて作り出したキノコ人間を目から発射する怪光線で操ってしまうなど奇抜さがさらに加わり、やはり宇宙から何らかの形で飛来してしまった胞子から怪獣化してしまったものと考えた方が良いみたいです。

結局マシュラはウルトラマンタロウのドライヤー光線で巣分を得た胞子が水分を奪われて倒されていきましたが、残った胞子からは何故か松茸が映えて食されたなど、マシュラの基となったのは超古代種のキノコであったというこだわりだったのかもしれません。






デルザー改造魔人第5号~岩石男爵


「岩石男爵」

頭がよくないというより単細胞過ぎたデルザー改造魔人が、岩石男爵でした。
改造人間は人を改造素体としていましたが、伝説上の妖怪や怪物を素体としたデルザー改造魔人は、言い伝えやそれこそ伝説上のいわば化け物でしたから、改造人間とはその存在した次元が異なるもので、言ってみれば存在したとしたら霧に紛れるような危うい存在でもありましたから、頭が悪いとか単細胞というのはかなりその存在自体が人間寄りになってしまったと思いました。
一人で行動するならいいけれど、ドクロ少佐の作戦を邪魔して挙句の果てに失敗し、仮面ライダーストロンガーがチャージアップしてパワーアップしてしまったのも、この岩石男爵の自惚れによる失敗に起因したものでした。
強くて頑丈なものほど単細胞というのは、人間に起り得ることです。
そうでない場合も多くありますが。
岩石男爵はエジプト神話やギリシャ神話などの登場する怪物スフィンクスの流れをくむ改造魔人ですから、いわば人間の存在とは別のところにいたはずです。
存在すら危うかったところを歴代の秘密結社の大首領によって実現された存在でしたから、単細胞とか意味の分からぬ訛、方言は使ってほしくなかったですね。

それでも、持ってた能力はとにかく怪力で丈夫でした。
非情に硬い岩石が寄り集まり、ひしめき合って身体を構成し、身体を構成する岩石の一つ一つが硬くて電気技どころか、パワー型の仮面ライダーでもあった仮面ライダーストロンガーはその頑丈さに跳ね返されてしまっていたというところでした。
岩石そのものが融合するわけはなく、岩石男爵の身体の裏側には岩石をまとめる粘土質の実体があったはずです。
岩石男爵には「秘密戦法・岩石粘土細工」という訳のわからぬ秘技がありましたが、それは体質の裏付けだったのかもしれません。
こうした岩石の融合体にはその核となる岩石があるはずですが、岩石男爵にはそれが見当たらず、年度体質であったことがすべてだったのかもしれません。
チャージアップした仮面ライダーストロンガーの超電ドリルキックで頭部を吹っ飛ばされ、さらに超電三段キックで胴体を吹っ飛ばされて最期を迎えましたが、頭部と胴体が別の存在し得たのは岩石男爵には核となる心臓部分がなく、まさしく幽霊や化け物であったと言うことだったのかもしれません。
ジェネラルシャドウの言う「まぬけ」というよりは「単細胞」であり、自分勝手の度が過ぎていたのはデルザー改造魔人に共通したことでした。






ウルトラ怪獣第32号:ウルトラマンA~アングラモン


「地底超人 アングラモン」

アングラモンを見た時は、ギロン人がまた出てきたと思いましたね。
怪獣を従え、住処は地底の深いところ。
地底深いと言えば光は届かず、土と岩だらけの閉塞感満載の暗闇。
暗く閉ざされて光が届かないわけですから、目は使えないため退化してると思いきや、アングラモンもギロン人も目が立派だったのは、意外過ぎる特徴でした。
地底人と言えば初代ウルトラマンの時にもテレスドンを操った地底人も登場していましたけど、光が届かないため地殻の底に流れるマントルを利したように独自の王国みたいなものを作り上げ、そこを罠として地上で戦うウルトラマンなどを正反対の世界・空間で活躍するやっかんで、はめようとする怪人のようなもので独特のものがあったと思います。
ギロン人も地上でそれこそ好き勝手に生きる人間を罠にはめてアリブンタという蟻地獄のような超獣を使役役として活動していましたが、それは人間を罠にはめて存在感を出すことで自らが地上という舞台に躍り出ようとした怪人でした。
ギロン人とアングラモンには関係がないかもしれませんが、昭和の工業繁栄の時代から始まった地下水のくみ上げの度が過ぎてそれに警鐘を鳴らすように、ギタギタンガという超獣を利用して人間社会を乱そうとしていました。
ギロン人もアングラモンも通じる何かがあったような気がしますが、ギロン人の着ぐるみを再利用するなら共通点を感じさせず、かのレッドキングがアボラスに転用されて効果が出たように門もが足りそのものをもっと工夫し、アングラモンのデザインに工夫を凝らしてギロン人を感じさせない者が必要だったと思います。

光りの無い地底から出てきたのですから、アングラモンもその目に大胆な工夫が必要で光線技ではない特殊効果が出るようなものが必要だったと思います。






GOD改造人間第32号~コウモリフランケン


「コウモリフランケン」

自分が幼少の頃の怪奇人間としては、吸血鬼ドラキュラ、狼男、そしてフランケンシュタインがいました。
どれも怪奇色というよりは思い切りホラーで、子供心ながら怖くて仕方がなく、そっれでも気になって顔を覆った手の指の間からやっと見ていたことを思い出します。
ドラキュラも狼男も元は言えば人間でしたが、フランケンシュタインはフランケンシュタインを作り上げた科学者自身が狂気の科学者でフランケンシュタインは人造人間でした。
雷鳴轟く雷の力。エネルギーでグランケンシュタインが稼働したように、コウモリフランケンも雷の力で稼働し、地をワイン替わり飲んで活動エネルギーを得ていました。
仮面ライダーシリーズの改造人間は、その改造素体の一つが人間でしたから、狼男なんかが改造人間となり、ドラキュラの吸血行為が改造人間の特徴の一つとして描かれるのは分りましたが、コウモリフランケンの素体となったフランケンシュタインは人造人間という云わばロボットのような要素が強かったものですから、このフランケンシュタインを人間として扱い、フランケンシュタインのように雷の力で動き出したところには、狼男やドラキュラの時には感じなかったかなりの違和感がありました。
しかも、このコウモリフランケンはコウモリの能力も移植され、そのためか翼をもって飛行能力を有していたこととその2本の翼の間に埋め込まれるように大砲があったことが、大きく最大の特徴でした。
この頃の仮面ライダーは仮面ライダーXであり、愛車クルーザーを駆らなければ空中戦はできず、どうしても飛行能力があって、その飛行速度の高い改造人間に苦戦していたことは、神話改造人間イカルス戦を見ていただけでも分ることです。
そこに射程距離が長い大砲の砲撃があったものですから、仮面ライダーXも逃げ回るしかなく、コウモリフランケンの能力が仮面ライダーXの能力を上回っていたとは思えませんが、よく研究した上に想像された改造人間だったと思いますね。

コウモリフランケンはそれでいて小型蝙蝠を使っての諜報活動もお手の物だったわけですから、GOD改造人間最強と言われるとなほどという感じもしました。
何度も言いますが改造素体となったフランケンシュタインは怪物のような人造人間で、コウモリフランケンも改造人間でありながら人造人間としての色が濃かったものですから、翼を得、大砲を得て、距離を置いた戦いには強さを感じましたが、肉弾戦では意外と脆かったかもしれません。
GOD側からしてみれば、対仮面ライダーXのための対策を練ったところでしたが、そこに4人の仮面ライダーが揃うとは思ってもみなかったでしょうから、コウモリフランケンの数少ない弱点でもあった翼の根元を狙われ、仮面ライダー1号、2号のそれぞれのライダーキックで破られたところで勝負あったという感じでした。

映画版で特別演出の改造人間だったように思いましたが、急遽作られたようで思考不足の感が否めなかった改造人間でもありました。






ウルトラ怪獣第32号:帰ってきたウルトラマン~オクスター


「水牛怪獣 オクスター」

氷河期以前にいたとされる超古代水牛とは、どんな姿をしていたんでしょう。
肉食恐竜というわけではなく、水辺で植物を食べていたと思われますが、それも氷河期の襲来でほとんど全滅していたのでしょうね。
それでも生き抜いた、いや生き抜いてしまった水牛はそれこそ生きるためには植物・動物問わず何でも食べ、身を潜めるために完全に水中生物となっていました。
それが水牛怪獣オクスターだったわけですが、仲間の遺骨を守るために湖に潜み、仲間の遺骨を採取しようとした人を遺骨を守るために捕食してしまい、遺骨の在処を知らせただけでも犠牲になってしまうのは、逆に遺骨に宿っていたかもしれない精霊によってオクスターは生かされていたのかもしれません。
身体は危険が迫ると電気が張り巡らされ、大きな二本の牙が印象的であり、オクスターのよだれは以上に強い酸性であって何でも溶かしてしまう溶解液でしたけど、何と言っても長く長く伸びてオクスターの意のままに動くその舌の動きは神がかりで、まるで怪奇映画でも見ているようでした。
水牛だけに水の中では陸上生物以上に動き回れたのは当然のように思われますが、水牛とは完全な水中動物ではないため、超古代から長い時を生きてきたオクスターはとんでもない進化を見せていたのかもしれません。
さしものの帰ってきたウルトラマンも湖の中ではオクスターの前に苦戦を強いられ、ウルトラブレスレッドが太陽のように熱を持って光り、湖の水を蒸発させる能力がなかったらどうなるか分かりませんでした。

そうしたウルトラブレスレッドの能力で干上がってしまった湖の湖底でオクスターは呼吸困難となったところをスペシウム光線によって倒されてしまいますが、まるでホラー色満載の怪奇物語でした。
それは仲間の遺骨を守ることでそこに漂う精霊を守ったように思われますが、実は氷河期を経てもその精霊がオクスターを生長らえさせ、異常進化したことによる水牛がオクスターとなって呪いの力を得ていたことによると思うのです。

水牛がモチーフでしたけど、そこから発展させた怪獣オクスターは造形的にもデザイン的にも、そして設定的にも名作怪獣だったと思おいますね。







プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
昭和のHERO (33)
ナガイレーベン 女子シングル診察衣 ホワイト LL KEX5130
トラスコ中山 ゴムロープ 金具付
柴田科学 柴田科学 メスシリンダー カスタムA 200mL
西敬 貼れるカードケース ハレカ B5判
コクゴ PP製切削樹脂配管部品 メスハーフHZM10−03
日電理化硝子 ねじ口瓶 黒 - 4.7mm 耐冷凍容量 0.5mL 単位 1箱 キャップ 黒 容量 1.5mL 材質 瓶 MX23512 商品仕様 色 瓶 商品の特徴 冷凍保存も可能な高精度バイアル ダブルフッ素PTFEパッキン 0.9mm 32mm フェノール樹脂 100組入 無限リード35EM メーカー情報 メーカー名 日電理化硝子 メーカー品番 250252 カタログ掲載ページ - 11903円 パッキン 茶 NS フェノールキャップ 2枚刃 口内径 組合せセット 強化硬質ガラス 肉厚 S−07 ダブルフッ素PTFE サイズ 外径 11.75mm 高さ
エスコ ゴムパイプ(グリーン)25X900mm
カタログ掲載ページ - 擦れ摩耗 商品仕様 発注コード 646−5650 用途 ミーリング加工用KPD230:アルミ合金 NS PCD 2枚刃 6890円 耐チッピング性に優れています 質量 2g 製造国 日本 単位 1個 メーカー情報 メーカー名 京セラ メーカー品番 BDMT11T304FR ガラス繊維 京セラ 商品の特徴 KPD230:粗粒と微粒混合の高密度焼結体により MX23512 MECH型 その他仕様 ノンコート 呈色 灰色 平均粒径 2−30μm 刃先仕様 シャープエッジ その他仕様 M級 その他仕様 ISO14001認証取得工場製 材質 ダイヤモンド ミーリング用チップ - 黄銅等非鉄金属 プラスチック等の高速ミーリング加工用 適合ホルダ MEC 無限リード35EM BDMT11T304FR 耐アブレッシブ摩耗
ベッセル 剛彩ビット5本組(両頭スクエア)SQ3×110mm
付き NS 肩幅 49cm シルバ− M ブルゾン 無限リード35EM 商品仕様 胸囲 116cm 着丈 64cm 単位 1着 メーカー情報 メーカー名 自重堂 メーカー品番 82500−036−M カタログ掲載ページ - 自重堂 商品の特徴 異物混入を防ぐポケット無の長袖ブルゾン 3528円 製品制電機能 MX23512 袖丈 55cm 2枚刃 - 82500 JIS規格合格
ヤマワ SKHハンドタップ上 M10×1.25
NS 透湿素材です 2枚刃 アイトス プロテクティブスニーカー 商品仕様 色 ブラック サイズ 27.0cm 素材 甲被:合成皮革 ナイロンメッシュ MX23512 耐油底 6370円 底:EVA ブラック27.0cm 先芯:樹脂先芯 単位 1足 メーカー情報 メーカー名 アイトス メーカー品番 56381−010−27.0 カタログ掲載ページ - 無限リード35EM - 合成ゴム 商品の特徴 世界最高水準の防水
[470ml×5本セット] 大正製薬/パブロンハンドジェル (指定医薬部外品) ※日本製 | 殺菌成分配合。おうちやオフィス、学校などあらゆる場所やシーンでさらっとした使い心地を!
商品仕様 発注コード 793−1620 用途 輸送時の荷崩れ防止 t m 材質 ベルト:高強力ポリエステル原着糸 ベルト寸法 ラッシングベルト 2枚刃 固定側 1 その他仕様 両端ナローフック付 その他仕様 カムバックル式 破断強度 100 kN 巻取側 7 べルト長さ 固定側 1 色 ブルー ベルト長さ 商品の特徴 高強力ポリエステル原着糸を使用していますので耐候性 テザック 巻取側 7 ベルト長さ 最大使用荷重 2.5 15930円 幅×厚さ 75×4.7 ベルト長さ 全長 8 R100KAF010AF070A NS MX23512 無限リード35EM mm ラチェットバックル:スチール 質量 8.200kg 製造国 日本 単位 1台 メーカー情報 メーカー名 テザック メーカー品番 R100KAF010AF070A カタログ掲載ページ - - 耐久性に優れています
自重堂 長袖シャツ 56204 ブラツク 5L
mm 商品仕様 発注コード 309−4006 本体サイズ 30×80 2枚刃 TSC22SH 商品の特徴 接続は無圧状態で行えるため女性や不慣れな方にでも安全です 適用 タケノコ外径9mm 使用流体 空気 使用温度範囲 −10−60℃ 使用圧力 1.5MPa 材質 アルミニウム NS 無限リード35EM 2400円 - MX23512 一部を除く 分離時は残圧が自動的に抜けて オートロックスィングカップリング 一般カップリングに接続できます 真鍮 質量 120g 製造国 日本 単位 1個 メーカー情報 メーカー名 トラスコ中山 メーカー品番 TSC−22SH カタログ掲載ページ - トラスコ中山 反動や不快音も軽減されます
Twitter

仮面ライダー Blu-ray BOX 1

新品価格
¥25,616から
(2017/2/18 08:45時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 2

新品価格
¥26,079から
(2017/2/18 08:47時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 3

新品価格
¥32,832から
(2018/3/18 09:23時点)

仮面ライダー Blu-ray BOX 4

新品価格
¥20,615から
(2018/3/18 09:28時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX I

新品価格
¥24,616から
(2017/2/18 08:47時点)

ウルトラセブン Blu-ray BOX II

新品価格
¥24,642から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX I

新品価格
¥13,944から
(2017/2/18 08:48時点)

ウルトラマン Blu-ray BOX II

新品価格
¥14,244から
(2017/2/18 08:49時点)

アクアシステム 送風機AFR−12用ダクト5mアース線付

ウルトラマン Blu-ray BOX III (最終巻)

新品価格
¥36,800から
(2018/3/18 09:34時点)

読者登録
タグクラウド
ギャラリー



最新コメント
記事検索